日本月份别称——師走(しわす)

2021-06-03 13:25

師走とは、陰暦で十一月のこと。師走は当て字で、語源は以下の通り諸説あり、正確な語源は未詳である。師走の主な語源説として、師匠の僧がお経をあげるために、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」がある。この説は、平安末期の「色葉字類抄(いろはじるいしょう)」に、「しはす」の注として説明されている。現代の「師走」と漢字の意味も近く、古い説であるため有力に思えるが、「師馳す」説は民間語源で、この説を元に「師走」の字が当てられたと考えられる。

  その他、「年が果てる」意味の「年果つ(としはつ)」が変化したとする説,「四季の果てる月」を意味する「四極(しはつ)」からとする説,「一年の最後になし終える」意味の「為果つ(しはつ)」からとする説などがある。
      「師走」指的是阴历的十二月。「師走」作为用于汉字,词源有以下诸如几中说法但正解的词源未详。作为“師走”的主要词源解说,有位僧人为了送经书,有解释为东西驰走月「師はす」的。这个说法在平安末期的字典(色葉字類抄)上有「しはす」的注释说明。现在的「師走」和汉字的意思虽然接近,但觉得古老的说法更有说服力,「しはす」作为民间词源,这个说法被认为适用「師走」的字。
       另外有说是表示“一年结束”的意思的「年果つ」演变过来的。还有表示说是从“四季结束的月”的「四極(しはつ)」演变过来的说法。也有表示从“一年的最后什么也没有结束了”的意思的「為果つ(しはつ)这个词演变过来的说法。